無洗米規格に関する濁度基準値の改定について

表示回数10,311

<ニュースリリース>
無洗米規格に関する濁度基準値の改定について

NPO法人全国無洗米協会(東京都千代田区 理事長 福場博保)では、食糧庁より無洗米に関する濁度測定方法(以後食糧庁方式)が示されたことを受け、この度、同協会「無洗米規格」の濁度基準値を、濁度28ppm以下と変更することにしました。

無洗米の定義については、平成14年秋より食糧庁の主導で無洗米を水に入れた時の水の濁り具合(濁度)を基準にすることで検討が進められ、先頃、食糧庁より食糧庁方式の測定方法が示されましたが、最終的に、無洗米の定義が決まらないまま食糧庁はなくなってしまいました。
無洗米の定義は決定されませんでしたが、無洗米の濁度測定方法が示されましたので、当協会は、その測定方法を採用することにし、それに伴い、新しい濁度の基準値を28ppm(旧測定方法での濁度基準値35ppm)以下に変更しました。

濁度28ppmを採用した理由

  1. 食糧庁が今回の無洗米の定義を検討する際に、14年度産の普通精米100種類の1回洗い後の濁度を測定した平均値が、約28ppmであったこと。
  2. 当協会の濁度検討委員会の学識経験者、消費者団体代表、消費アドバイザーの方々から、無洗米は洗う必要のない米であるため、最低限、上記1の平均値28ppm以下を重要な検討材料とすべきだとのサジェスチョンがあったこと。
  3. 普通精米でも、よく精米されたものはそのまま濁度測定しても30ppm台の濁度を示すものがあるので、無洗米の濁度基準を30ppm台以上とすれば、無洗米と普通精米の区別がつかないものが出て消費者の混乱が予想されること。
  4. 当協会の旧測定方法(参考の2参照)は食糧庁方式よりも濁度が高く出る方法でしたが、その方法で35ppmの濁度基準値を採用してきたので、食糧庁方式では30ppm未満が妥当な数値であること。

濁度28ppm採用までの経緯

上記のことを踏まえ、学識経験者、消費者団体代表、消費アドバイザーで構成される当協会の濁度検討委員会の意見を聞いたうえで、7月11日の臨時総会にて、当協会の「無洗米規格」の濁度基準を28ppm以下と決定いたしました。

参考

  1. 無洗米の濁度について
    米に付着しているヌカの取れ具合を見るのに、無洗米をある一定量の水に入れ、振とうすることによって溶け出すヌカの量、即ち、水の濁りで判断します。したがって、よくヌカの取れているものは水が清んでいて濁度は低くなります。
     
  2. 濁度測定方法  旧協会方式と新協会方式(食糧庁方式)の比較表
      旧 協会方式 新 協会方式
    (食糧庁方式)
    試料の量 8g 5g
    水道水の量 300ml 400ml
    水温 15℃ 20℃
    振とうの振幅幅 40mm 40mm
    振とうの振動数 150回/分 150回/分
    振とう時間 30秒 30秒
    濁度液の希釈 なし なし
    濁 度 計 日本電色製 日本電色製
    基 準 35ppm 28ppm

  3. NPO法人全国無洗米協会では、平成12年に、消費者サイドに立って、よい品質の無洗米であるための「無洗米規格」(別添「参考資料」参照)を定め無洗米の品質向上に努めてまいりました。その中で、ヌカの取れ具合を計る基準として、旧協会方式で濁度35ppmとしておりました。
     
  4. 尚、米の卸団体の全国米穀販売事業協同組合を中心とする米穀公正取引推進協議会は、販売業界の自主基準としての「米穀の品質表示ガイドライン」の中で、同じ測定方法(食糧庁方式)による無洗米の濁度を40ppmと定めています。

参考資料:特定非営利活動法人全国無洗米協会 無洗米規格の概略