無洗米の環境保全効果を第三者機関が確認

表示回数3,587

<ニュースリリース>
無洗米の環境保全効果を第三者機関が確認

財団法人日本土壌協会(会長理事 熊澤喜久雄 東京都千代田区)がこのほどまとめた「無洗米と普通米の環境影響評価」の調査結果によると、無洗米は普通精米に比べ環境保全に有効なことが確認されました。

(財)日本土壌協会は、無洗米使用による環境保全効果をLCA(life cycle assessment:製品の評価を原料の調達から加工,製品・廃棄に至る全ての過程で生じる環境負荷を分析して行う手法)の面から調査を行ったところ、普通精米を研いでそのとぎ汁を下水処理場などで汚水処理している現状に比べ、無洗米の使用は、環境保全にとって有効なことが確認されました。
なお、この調査は、無洗米製造に必要なエネルギーの使用量等が詳しく開示されている「ヌカでヌカを取る製法(BG精米法)で作られた無洗米」を対象に行われました。

無洗米の普及が進むにつれて、無洗米の環境保全効果については、しばしば「無洗米はとぎ汁を出さず、節水にもなる等、一見環境によさそうだが、製造段階で使うエネルギー等を考えるとそうでもないのではないか」という疑問が呈されてきました。しかし、今回の調査により無洗米は普通精米に比べ、製造過程を考慮しても、なお環境保全に有効なことが確認されたことになります。

【今回の調査結果のポイント】

  1. 米のとぎ汁には、BOD(生物化学的酸素要求量)、COD(化学的酸素要求量)、SS(浮遊物質)、窒素、リン、油脂分(n−ヘキサン抽出物等)などの汚濁物質が多量に含まれていること。
  2. 下水道処理場では、この内BOD、COD、SS、油脂分はほとんど除去されるが、赤潮やアオコの原因である窒素、リンについては、多くの部分が処理できずに放流されること。
  3. 無洗米を一度軽く洗った後の排水と、普通米のとぎ汁を下水処理した排水とを比べると、無洗米の方が汚濁物質が少ないこと。また、当然、無洗米を洗わずに使用する場合は、汚濁物質を全く排出しないこと。
  4. 無洗米製造に必要なエネルギー使用量は、普通精米を研いだときに出るとぎ汁を下水処理したときのそれよりも、少なくてすむこと。
  5. さらに、肌ヌカ処理まで含めた(有機質肥料や飼料に加工し有効利用する)エネルギー使用量は、普通精米を研いだときに出るとぎ汁を下水処理したときとほぼ同量であるので、無洗米の方が、エネルギーを有効に利用していること。
  6. 無洗米は上水の節約になること。

などです。

今後このLCA調査は、無洗米製造時に「副産物」として取れる肌ヌカ(普通米の場合はとぎ汁として流されていたヌカ分)の有機質肥料などへの有効利用と、それに匹敵する化学肥料の製造エネルギーとの比較などの調査まで行われる予定ですが、すでに、上記4、5にあるような無洗米の製造エネルギーを勘案すると、無洗米の環境保全の有効性がさらに明白に確認されることになると推察されます。

無洗米は洗わずに炊けるという利便性が、消費者ニーズに合致し、平成3年の発売以降急速に普及しておりますが、当協会(理事長 福場博保 東京都千代田区)の昨年度の「消費者の無洗米購入動向調査」では、すでに2割(首都圏・関西圏の調査)以上の消費者が、無洗米を利用しているという結果が出ております。この背景には、利便性ばかりでなく、近年の環境にやさしい商品を購入しようとするグリーンコンシューマー増加の影響もうかがえます。

【無洗米の購入理由】

当協会の平成14年度の調査結果より

都市型河川の汚染の大きな原因である家庭排水には、トイレを始め、米のとぎ汁(台所排水の大きな部分を占める)、風呂、洗濯など幾つかの大きなファクターがありますが、米のとぎ汁以外は生活していくうえで今、直ちに排出を止めることは不可能です。
そのようなことを考えると、無洗米の利用は、直ちにしかも確実に出来る「環境にやさしい生活を送るグリーンコンシューマー」への有効な手段の一つといえます。

<資料:(財)日本土壌協会 「無洗米と普通米の環境影響評価」(その1)概要版