無洗米の製造から消費に係る環境負荷は普通米より少ない

表示回数4,297

<ニュースリリース>
無洗米の製造から消費に係る環境負荷は普通米より少ない
─無洗米のLCA面を(財)日本土壌協会が最終報告─

財団法人日本土壌協会(会長理事 熊澤喜久雄 東京都千代田区)がこのほどまとめた「無洗米と普通米の環境影響評価」(その2)の調査結果によると、無洗米の製造から副産物の肌ヌカ肥料製造までの総消費エネルギー量は、従来の普通米を使った時の米のとぎ汁浄化に要する消費エネルギー及び肌ヌカ肥料と同等の化学肥料を作るのに要する消費エネルギーの和に比べて、ずっと少ないことが確認されました。また、肌ヌカ肥料は化学肥料に比べ、適量の使用ならば、地下水を汚染する可能性が低いことも確認されました。

(財)日本土壌協会は、平成14年秋より無洗米使用による環境保全効果をLCA(life cycle assessment:製品の評価を原料の調達から加工,製品・廃棄に至る全ての過程で生じる環境負荷を分析して行う手法)の面から多角的に調査し、平成15年8月に「無洗米と普通米の環境影響評価」(その1)として、無洗米の使用は、米のとぎ汁を下水処理場などで汚水処理している現状に比べ消費エネルギー量が少なく、環境保全にとって有効なことを確認しました。

今般、更に、LCAで言うところの廃棄物である無洗米製造時に出る肌ヌカが有機質肥料として活用されていることに注目し、それと同等の化学肥料との消費エネルギー増減、それぞれの肥料による地下水汚染の可能性について調査し、「無洗米と普通米の環境影響評価」(その2)として報告しました。
即ち、報告書(その1)、(その2)を通して無洗米のLCAを無洗米の製造・消費から肌ヌカを肥料として使うまでの全過程とみなした調査を行いました。
なお、この調査は、無洗米製造に必要なエネルギーの使用量等が詳しく開示され肌ヌカを肥料または飼料として実際に活用している「ヌカでヌカを取る製法(BG精米製法)で作られた無洗米」を対象に行われました。

NPO法人全国無洗米協会では無洗米の環境保全効果について、「無洗米はとぎ汁を出さず、節水にもなるが、製造段階で多くのエネルギーを使うのでは意味がない」、「家庭で研ぎ汁が出なくても工場で汚水や産業廃棄物が出たのでは意味がない」と考え、無洗米は普通米を使うときのエネルギーよりも少ないエネルギーで製造・消費され、しかも汚水や産業廃棄物を出さない、ゼロエミッションを実現できるものであることを規格の大切な条件に据えてまいりました。
今回の(財)日本土壌協会の最終報告書はこれらの項目が達成されていることを確認しています。

【今回の調査結果のポイント】

無洗米の製造過程で消費するエネルギー量は普通米を使った時の米の研ぎ汁を浄化するのに要するエネルギー量より少ないことが、昨年報告された同報告書(その1)で確認されています。今回の報告書では、肌ヌカ肥料と同等の肥料特性を持つ化学肥料を製造するために要するエネルギー、海外からの製品及び原料の運搬に要するエネルギーの和を化学肥料製造に要するエネルギーと仮定して割り出しました。
また、実際に肌ヌカ肥料と同等の化学肥料を圃場実験し環境に与える肥料特性も調査しました。
その結果

  1. 無洗米の製造及び肌ヌカ肥料製造に係わる総消費エネルギー量は、普通米のとぎ汁浄化に要するエネルギー及び肌ヌカと同等の化学肥料製造に係わる総エネルギー量より少ない。
  2. 肌ヌカ肥料は植物に有効に作用する可給態窒素に富み、地下水汚染の原因になる無機態窒素の含有量が少ないので、適量の使用なら化学肥料よりも地下水を汚染する可能性が低い。
  3. 肌ヌカ肥料を使うことによって、無洗米製造過程からは廃棄物が排出されないので、ゼロエミッションを達成している。

尚、無洗米製造過程で出る肌ヌカは、加工されて商品名「米の精」として肥料または良質の飼料として使われています。

資料:(財)日本土壌協会「無洗米と普通米の環境影響評価」(2年間のまとめ)