無洗米の環境効果

安全性を確保しています

生活雑排水のお米のとぎ汁には、リンやチッソなどの栄養素が多く含まれていて、下水処理技術の高い下水処理場でも、チッソ53%、リン34%が処理しきれず素通りしてしまいます。 (東京都下水道局のデータより)

チッソやリンは、赤潮、アオコなどの発生原因にもなってしまうのです。
また、下水処理するにも、汚泥の発生や大量のCO2を発生するのです。
本物の無洗米はそれらをゼロに出来るのです。

安全のための基準

水質汚染の防止
無洗米製造時に、とぎ汁を流したりしないこと
CO2の削減
無洗米製造時のエネルギーが少ないこと
(ボイラー等を燃焼させて、CO2を排出しない)
※精白米から協会認証無洗米に替えるだけで、ご飯茶碗1杯(米75グラム)で約4.6グラムのCO2を減らすことができる

CO2排出量の比較グラフ
肌ヌカの活用
無洗米製造時に発生する副産物(肌ヌカ)は継続的に循環利用されていること

循環型農業のイメージ図

| 印刷用ページ